法定相続分について

○ 法定相続分とは・・・

法定相続分とは、民法で定められた相続することができる権利割合のことです(下記図参照)。


法定相続分の判定
法定相続人 法定相続分
配偶者と子の場合 配偶者2分の1 子2分の1
配偶者と直系尊属の場合 配偶者3分の2 直系尊属3分の1
配偶者と兄弟姉妹の場合 配偶者4分の3 兄弟姉妹4分の1



< 相続人・相続分のことでお悩みの方へ >

遺言がある場合や遺産分割の話し合いにより遺産分割がまとまった場合は、原則としてその遺言・遺産分割による分割が優先されます。


養子がいる場合、非嫡出子がいる場合、代襲相続の繰り返し、甥・姪以遠の相続人がいる場合などにおいては、法定相続分の判定も複雑になります。
当事務所へ相談される方の中にも、誰にどれだけの相続権があるのか誤った認識をされている方もいらっしゃいます。
複雑な場合は、将来の相続において揉めないためにも事前にご相談ください。








相続・法定相続分に関する相談は


名古屋市中区の橋本税理士事務所へ




052-962-4139

又は

 こちらのフォームからお願いします











Copyright (C)2005. hashimoto . All Rights Reserved.