相続財産に加算される 生前贈与財産について

生前に財産を贈与した者が亡くなった場合、相続開始前3年以内に贈与した財産は、贈与した者の財産として相続税の計算をします。

例えば父親から子へ生前に財産を「贈与」をすれば財産は子のものになっていますが、その贈与が相続開始前3年以内であれば、相続税の計算においては父親の財産であるものとして、父親の相続税の課税財産に加算されます。


(注)上記の相続財産に加算された財産について贈与税を支払っている場合は、「贈与税額控除」を適用することができます。






< 生前贈与後の対応でお困りの方へ >


生前贈与したにもかかわらず、贈与税の申告がされていない場合は少なくありません(意図的でない場合、贈与にあたるとは思っていない場合が多いようです)。
この場合、「相続発生時にどう処理すべきか?」という問題が生じますが、
○ 「贈与税の申告漏れ」として処理する
○ 「相続財産に加算」として処理する
などの対処法が考えられます。


実際には事実認定になりますが、判定ポイントはいくつかあります。
どのように処理すべきかお困りの場合、信頼できる税理士へ相談しましょう。








相続対策・相続税申告のことで相談したい方は


名古屋市中区の橋本税理士事務所へ




052-962-4139

又は

 こちらのフォームからお願いします






Copyright (C)2005. hashimoto . All Rights Reserved.