生命保険金について

生命保険金については一部が課税の対象になりません。
課税の対象にはならない非課税限度額は次の算式で計算されます。


生命保険金の非課税限度額=(500万円×法定相続人の数)×(その相続人の取得した保険金額÷全ての相続人が取得した保険金の合計金額)

(注)保険は、保険契約者(保険料負担者)・保険金受取人によって課税関係が異なり、上記の非課税を受けることができない場合もありますので注意してください。




< 生命保険金の留意点 >


相続税がかかりそうにもかかわらず生命保険に加入していない人の場合、一時払いの生命保険に加入することで相続財産の評価引き下げ・相続税の納税資金を確保することができます。

無駄な保険はすぐにでも見直しをすべきですが、保険を使った有効な相続対策はありますので、専門家に相談してみてはいかがでしょうか?







相続対策・保険のことで相談したい方は


名古屋市中区の橋本税理士事務所へ




052-962-4139

又は

 こちらのフォームからお願いします






Copyright (C)2005. hashimoto . All Rights Reserved.