財産の評価について



相続税を計算する基となる財産の評価方法は下記のとおりです。


○ 土地・・・路線価または固定資産税評価額を基として計算(多数の特殊評価があります)

○ 建物・・・固定資産税評価額を基として計算

○ 預貯金・・・原則として相続開始時の額面

○ 上場株式・・・相続開始時の終値などから選択

○ 非上場株式・・・税理士へお任せください

○ その他金融資産・換金性のある財産について評価方法が細かく定められています。





< 財産評価でお悩みの方へ >

相続税における財産評価は非常に複雑で、特に土地・未上場株式の評価は減額の取り方・評価方法の選定の仕方によって評価額が大きく変わります。
概算による評価は一般の方でもできますが、実際に相続税申告が必要な方は信頼できる専門家に任せましょう。

当事務所では概算で財産評価を計算するためのシートを準備しております。
相続のことで事前に相談したい方はお気軽にご連絡ください。









相続税・財産評価のご相談は


名古屋市中区の橋本税理士事務所へ




052-962-4139

又は

 こちらのフォームからお願いします






Copyright (C)2005. hashimoto . All Rights Reserved.