相続税がかかるかどうか

相続税には「基礎控除」という相続税がかからない基準があるため、相続税は全ての人にかかるわけではありません。


「基礎控除」=「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」
という計算になっているため、亡くなった人の財産の総額が「基礎控除」以下であれば相続税はかかりません。
まずは財産がどのぐらいあるかを概算で考えましょう。




< 相続税がかかるかどうかお悩みの方へ >
相続税における財産の評価方法は非常に複雑ですので、まずは概算で計算してください。例えば次のように計算してみてはいかがでしょうか。


「財産の合計」(概算) =   預貯金・株式等の金融資産の額
                + 土地の評価額(路線価または固定資産税評価額)
                + 家屋の評価額(固定資産税評価額)
                + その他換金性のある財産の時価




「財産の合計」が明らかに「基礎控除」より少ない場合は、相続税はかからないと考えてよいでしょう。
「財産の合計」が明らかに「基礎控除」より多い場合は、相続税がかかる可能性があります。


当事務所では概算で財産評価を計算するためのシートを準備しております。
相続のことで事前に相談したい方はお気軽にご連絡ください。







相続税がかかるかどうか不安な方は


名古屋市中区の橋本税理士事務所へ




052-962-4139

又は

 こちらのフォームからお願いします






Copyright (C)2005. hashimoto . All Rights Reserved.