税理士事務所への不満・要望

 税理士事務所への不満としては次のようなものがあるようです。
自分への反省と戒めの気持ちをこめて記載します。


Ⅰ.事務所全般への不満


○ 相性があわない
 
 面接と同じで実際にお会いして判断するしかないでしょう。
私は税理士事務所選びのポイントとして一番重要であると考えています。


○ サポート内容が不満
 
 何を依頼したいのか明確にしましょう。
何を依頼したいのかわからない場合は、自社の場合何が必要なのかを納得いくまで税理士へ聞いてください。
まずは顧問税理士の先生に伝え、改善できるかどうか話し合いましょう。


○ 金額が不満

 会社様にも予算や個別事情が色々あろうかと思いますが、税理士事務所もビジネスとして対応していますので、やみくもに他社と金額だけを比較されても困ってしまいます。
まずは何を依頼したいのか明確にしましょう。
何を依頼したいのかわからない場合は、自社の場合何が必要なのかを納得いくまで税理士へ聞いてください。
依頼する内容と金額に納得がいかない場合は、納得いくまで話し合いましょう。


(参考:とにかく金額にこだわって探したいとお考えの会社様)
 インターネットで税理士事務所をお探しの会社様の中には、予算がタイトなため少しでも安い税理士事務所へお願いしたいと考えられている方もいらっしゃいます。
とにかく金額を最優先順位として税理士事務所を探したい場合は、最初にその旨を告げて探されたほうがよいかと思います。
お客様を増やすためにとりあえず金額を度外視している事務所も中にはあるようですので、その姿勢の事務所ですと、交渉・相談もスムーズにいくのではないかと思います。



Ⅱ.税理士先生への不満


○ 相性があわない
 
 面接と同じで実際にお会いして判断するしかないでしょう。
私は税理士事務所選びのポイントとして一番重要であると考えています。


○ 先生が対応してくれない

 普段は事務員さんの対応であっても、相談したいときに先生がすぐに対応してくれればそれで問題ないと思います。相談したいときに先生がすぐに対応してくれないようでしたら一度話し合ったほうがいいでしょう。


○ 能力的に不安

 悲しいかな、とんでもない税理士事務所もけっこうあります。
他の業界では考えられませんが、実は多くの税理士が税理士試験に合格していません(詳細はこちらをご覧ください)
もちろん中にはしっかり勉強をされ経験を積まれた方もいらっしゃいますが、中にはとんでもない税理士が多いのも悲しい事実です。
「会計は勉強したが、税法は勉強していないのでよくわからん」と平気で言ってのける2代目税理士の話など、とんでもない話も時々聞きます。
 
 能力的に不安を感じている場合は、顧問税理士を変更するしないにかかわらず、他の税理士事務所がどのようなサポートをしているか一度相談してみることをお勧めします。


○ 先生が高齢すぎて・・・・・
 サポート内容に問題がなければ何も問題はありませんが、そうでない場合は今までの関係を大切にして継続するか、変更を考えるか、難しい判断ですね。




Ⅲ.担当者への不満


○ 担当者がコロコロ変わる

 税理士事務所に限りませんが、従業員が頻繁に入れ替わるのはその企業の体質です。
その企業が本気になって取り組まなければ体質は変わりません。
その体質は多分これからも続くでしょう。
それでもその事務所に依頼し続けるか、税理士事務所を変更するか、社長さんの判断次第です。

○ 担当者の知識が低い
 (毎月来てくれて帳簿のチェックはしてくれるけれど、延々帳簿を見ているだけで何も話ができない)
 (相談をしても納得のいく回答がかえってこないので不安だ)

 まだ勉強途中の若い担当者に多くを望むことは酷なことなのかもしれませんが、実際に顧客担当を経験が少ない若い者に任せている税理士事務所は少なくありません。
 先生の目が行き届いていれば何も問題はないのですが、担当者に任せ切りで先生が自社の内容をあまり理解されていないようであれば考えたほうがいいかもしれません。
 一度先生と話をされてはいかがでしょうか。

○ 会社の経営のことに興味がない

 毎月会社の状況に関する話題は何もなし。今月も帳簿の数字を見るだけ。
 試算表を見ながらの会話。

(若い担当者)
「売上が下がっていますね。粗利も下がっていますね」

(社長)
「・・・・・」 (わかっとる、そんなこと)

(若い担当者)
「原価率を下げて経費も10%削減を目標にして取り組んでください。そうすれば利益が確保できます」

(社長)
「・・・・・・」 (その前にあんた、うちの事業内容のこと わかっているのか??)


 税理士事務所へ頼んでいるのは決算、申告、帳簿のチェックだけれども、やっぱり少しは会社の事業内容のことにも関心をもってほしい。

 「会社」と「税理士事務所」の関係は、最後は信頼関係です。
やっぱり本気になって会社のことを考えてくれる税理士事務所へ頼みたいと思いませんか?
そういう意味ではトップの先生の目が行き届いている税理士事務所へ頼んだほうがいいのではないでしょうか。



Ⅳ. スムーズな税理士事務所の変更の仕方


1.まずは話し合いましょう
 いきなり断るのは今の先生に対して失礼かと思います。
もしかしたら先生は貴社のことを考えてサポートを行っているにもかかわらず、貴社のニーズとずれているだけかもしれません。
話し合えば、改善される関係かもしれません。


2.セカンドオピニオンとして他の税理士事務所へ聞いてみる
 解消されない場合、他の税理士事務所へ相談してみましょう。相談した結果、今よりもよいサポートを受けることができそうだと判断すれば、あとは社長の決断です。
今の先生をお断りする場合は、先生の立場も考慮して少なくとも数ヶ月前には申し出ましょう。
作業・引継ぎのことを考えると、決算期に変更することがよりスムーズかと思います。




(よくあるご心配)
 普通の税理士事務所では契約解除されたとしても嫌がらせのようなことはありえませんのでご安心ください。
 私ども税理士は守秘義務が強く課せられています。




貴社にとって最良のサポートを受けることができる税理士事務所が見つかることを願ってやみません。





ご相談は

052-962-4139

又は

 こちらのフォームからお願いします






顧問税理士探しの相談は

 名古屋市中区の橋本税理士事務所へ








Copyright (C)2005. hashimoto . All Rights Reserved.