税理士事務所へ何を依頼するか

 貴社は税理士事務所へ何を依頼していますか?

明確に答えられない場合は一度契約内容を確認したほうがよいでしょう。

 一般的に税理士事務所へ依頼する内容としては次のものが想定されます。
そのうち自社でできることは自社で行い、できないことを税理士事務所へ依頼するのが税理士事務所との賢い付き合い方だと思います。


(毎月の経理業務)

○ 請求書・納品書・領収書などの証憑類の整理
○ 会計帳簿への記帳(会計ソフトへの入力)またはチェック
○ 給与計算またはそのチェック、指導
○ 売掛金・買掛金・未払経費の確認(毎月発生主義会計で行う場合)
○ 試算表の作成・分析
○ 相談業務・提案業務


(決算前)
○ 利益・納税予測、決算対策


(決算期)
○ 決算書・申告書作成


(年末・年始)
○ 年末調整
○ 源泉徴収票・給与支払報告書、総括表の作成
○ 法定調書合計表・支払調書の作成
○ 償却資産税申告書の作成


(源泉所得税)
○ 源泉所得税納期特例の計算・作成(従業員10人未満の会社の場合)


(その他)
○ 税務調査対応
○ 特殊案件・提案業務
○ その他届出書など各種書類作成


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


 上記のうち何を税理士事務所へ依頼し、何を自社で行うべきかを相談しましょう。
全て税理士事務所へ依頼すればその分金額も高くなりますし、長い目で見て全て税理士事務所へ依頼することは会社にとってよいことだとは思いません。
特に会社に経理担当を置く体力があれば、自社で経理を行うことを強く勧めます。


(自社で経理を置くメリット:)
□ 自社で数字をより強く把握できる
□ いつでも数字・内容を確認することができる
□ 税理士へ支払う費用も下がる(より必要なこと、相談したいことに時間を費やすことができる)


 ただし社長さんが業務の全てを行なっている場合、経理を置く余裕がない場合など、全て外部へ委託したほうがよい場合もあります。

自社にとってどちらがよいか税理士へ相談してみましょう。




ご相談は

052-962-4139

又は

 こちらのフォームからお願いします






顧問税理士探しの相談は

 名古屋市中区の橋本税理士事務所へ







Copyright (C)2005. hashimoto . All Rights Reserved.