規模による税理士事務所の違い

 全国の税理士登録者数は約68,000人、名古屋税理士会だけでも約3,900人の税理士がいます。個人事務所から100人規模の大手税理士法人まで、特殊業務に特化した事務所から何でも型の事務所まで、税理士事務所にもそれぞれ特色があります。
この中からどうやって貴社に合った事務所を選べばいいのでしょうか。
なかなか難しいことですよね。

ここでは事務所の規模によってそれぞれの特色を考えてみました。
貴社は税理士事務所に何を期待していますか?


○ 大手税理士法人
 知名度があってノウハウがあって依頼しているだけで安心感がありますね。
大型案件や特殊案件にも対応してくれます(フィーは高いかもしれませんが・・・)。
でも貴社はそのノウハウを活用しきれていますか?
もし貴社が上場等を全くイメージしていない同族会社であればフットワークが軽く親身に相談にのってくれる小さな事務所のほうが都合がよいケースも多いのではないでしょうか。


 中規模税理士事務所
 所長先生以下事務職員が数名~10数名。
税理士顔負けの知識があるベテラン職員や補助税理士がいる事務所もあります。基本的には職員が御客様の担当をし、決算時もしくは必要に応じて先生が顔を出します。
事務所選びのポイントは、「担当者の能力」と「先生の対応」でしょう。
担当者が問題を提起しなければ先生にも伝わりませんし、解決策も見出せません。
担当者の能力には満足していますか?
相談したいとき、先生はすぐに来てくれますか?


○ 小規模税理士事務所
 所長1名。あとはパートさんが数名といったところでしょうか。
当事務所もこの規模に該当します。
基本的には所長が御客様の対応をし、記帳業務や簡単な補助業務を所内で事務員さんが行っています。
サポートの内容もすべて所長先生次第といったところでしょうか。
もし何らかの不満があればまず今の先生と話し合いをすべきでしょう。
コミュニケーションがうまくいかないのにいいサポートができるとは思えません。
話し合いがうまくいかなければ一度他の事務所がどんなサービスをしているのか聞いてみるのもいいかもしれませんね。
貴社は今のサポート内容に満足していますか?


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


 結論としては貴社の規模に応じて検討されればよいかと思います。


 貴社が中規模以上の大きな会社である、または特殊な業務を営んでいるなど特殊な相談が発生する場合には、規模の大きい税理士事務所または特殊性を持った税理士事務所へ依頼するのがよいでしょう。
 
 貴社が中・小規模な会社であれば、中小規模な税理士事務所に依頼してその分深く先生に関与してもらうのがよいのではないでしょうか。




ご相談は

052-962-4139

又は

 こちらのフォームからお願いします






顧問税理士探しの相談は

 名古屋市中区の橋本税理士事務所へ







Copyright (C)2005. hashimoto . All Rights Reserved.