よくあるご相談 ― 個人編

私どもでは次のような方からの相談が多くなっております(個人関係)。

1位:相続が発生したとき 

 相続に関しては相続が発生した後に連絡をいただくケースがほとんどです。

相続は税金面から考えると次の2種類に分けられます。
○ 相続税が発生するケース(相続税申告が必要なケース)
○ 相続税が発生しないケース(相続税申告は不要なケース)

どちらに該当するかわからない場合でもまずはご連絡ください。
貴方の場合、
「何をしなければならないか」
という点から丁寧に相談に応じます。




2位:相続発生前の相続対策の相談

 相続はもしものときに備えて考えておくべき問題です。
しかし問題(相続)が発生して始めて行動に移す方がほとんどです。
 これまでも(もっと早く考えていれば・・・) という相談が多数ありました。

相続問題は早めに考えることをお勧めします。
早く検討すれば、対応策を色々考え、実行することができます。
皆様に安心していただくために、早めにご相談いただきたいと思います。



3位:生前贈与、遺言の相談

 贈与は「暦年課税制度」と「相続時精算課税制度」の2種類があり、制度も複雑になってきておりますので、認識を誤ると将来大きな贈与税が課せられるリスクも起こりえます。
 遺言についてはほとんどが「自筆証書遺言」についての相談ですが、「公正証書遺言」を書いておいたほうがよいケースもたくさんありますので、貴方の場合どんな遺言が最適か、まずはご相談ください。




ご相談は

052-962-4139

又は

 こちらのフォームからお願いします






顧問税理士探しの相談は

 名古屋市中区の橋本税理士事務所へ







Copyright (C)2005. hashimoto . All Rights Reserved.