« 2009年02月 | メイン | 2016年07月 »

2016年01月27日

平成27年分 確定申告相談のお知らせ

平成27年分の確定申告相談をスタートします。お受けできる件数に限りがありますのでお早めにご相談ください。

来所相談:無料
(注1)ただし申告は自分でする予定で相談だけしたいという方は、相談料として30分あたり5千円となります。
(注2)電話での無料相談はお断りさせていただいております。繁忙期のためご理解のほどよろしくお願いします。

橋本税理士事務所へ依頼するメリット

資産税に強い事務所です。合法的な範囲で経費を最大限計上します

☑税務署からのお尋ね、税務調査の対応も無料で行います(ただし事業所得の税務調査については有料となります。また無料対応は当事務所が申告した内容に限ります)

☑依頼後の税金相談も無料で行います(ただし書類作成が伴わない簡易な相談に限ります)

☑申告書作成の手間が省けます


(費用の目安)
Ⅰ.譲渡所得の申告
・通常の申告・・・4万円程度から(内容により相談に応じます)
・特例の申告(注)・・・5万円程度から(内容により大きく変動。相談に応じます)
ただし譲渡所得金額が1000万円を超える場合は、原則として譲渡所得金額×0.3~1%程度を報酬へ加算します(内容により相談に応じます)。
(注)特例の申告例
・マイホームを売却した場合の3000万円控除
・マイホームを買換えした場合の買換え特例
・マイホームを売却して損失が出た場合の他の所得との通算や損失の繰越
・交換
・収用
など


Ⅱ.不動産所得の申告
4万円程度から(内容により相談に応じます)


Ⅲ.その他の所得税の申告
(記帳が不要なもの)
3万円程度から(内容により相談に応じます)
(記帳が必要なもの)
10万円程度から(内容により相談に応じます)



Ⅳ.贈与税の申告
(費用の目安)
・通常の申告4万円程度から(内容により相談に応じます)
・特例の申告5万円程度から(内容により相談に応じます)



確定申告の相談は


名古屋市中区の橋本税理士事務所へ





052-962-4139

又は

 こちらのフォームからお願いします






投稿者 hasimoto : 19:05 | コメント (0)

譲渡所得の申告について

E-taxの普及により確定申告はご自分で簡単にできるようになりました。
しかし譲渡所得の申告は、次のような理由から多少の費用をかけてでも税理士事務所へ相談するメリットはあると思います。

☑譲渡は毎年の申告ではないため、専門家に任せたほうが心強い
☑特例譲渡は要件が多く、適用可能かどうか判断に迷うことも多い
☑金額が大きくなるため、一つの判断の違いにより税額が大きく変わる可能性がある
☑取得費・経費など計上可能かどうか判断に迷うことも多く、その違いにより税額が大きく変わる可能性がある



当事務所では、「計上できる経費は最大限に検討する」ことを意識しながら確定申告業務をお受けしています。




譲渡所得の確定申告相談は


名古屋市中区の橋本税理士事務所へ





052-962-4139

又は

 こちらのフォームからお願いします






当事務所で対応可能な譲渡所得の申告例(下記以外の内容でもご相談ください)



☑居住用財産の譲渡所得の特別控除(マイホームを譲渡した場合の3000万円控除)

☑居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例(所有期間10年超のマイホームを譲渡した場合の軽減税率)

☑特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例(所有期間10年超のマイホームを買換えした場合の課税の特例)

☑居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除(所有期間5年超の一定要件を満たすマイホームを買換え譲渡した場合に発生した譲渡損失を、他の所得と損益通算したり翌年以降の所得と相殺できる制度)

☑特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除(所有期間5年超の一定要件を満たすマイホームを譲渡した場合に発生した譲渡損失のうち一定の金額について、他の所得と損益通算したり翌年以降の所得と相殺できる制度)

☑固定資産の交換の場合の譲渡所得の特例

☑収用等に伴い代替資産を取得した場合の課税の特例

☑収用交換等の場合の譲渡所得等の特別控除(5000万円の特別控除)

☑交換処分・換地処分等に伴い資産を取得した場合の課税の特例

☑・平成21年及び22年に土地等の先行取得をした場合の譲渡所得の課税の特例

☑相続財産に係る譲渡所得の課税の特例(相続税の取得費加算特例)




譲渡所得の確定申告相談は


名古屋市中区の橋本税理士事務所へ





052-962-4139

又は

 こちらのフォームからお願いします





投稿者 hasimoto : 18:53 | コメント (0)